1. ホーム
  2. ソウル・オブ・カオス

ソウル・オブ・カオス

GBA版以降のFF1(Android版を除く)には「ソウル・オブ・カオス」と呼ばれるエクストラダンジョンがあります。ソウル・オブ・カオスのダンジョンは4箇所にあり、それぞれ土・火・水・風のカオスを倒した後に入れるようになります。これらのダンジョンには、ストーリー本編にはない独特のシステムやマップが存在し、ダンジョンの奥には後のFF作品のボスたちがゲスト出演しています。また、これらのダンジョンでしか入手できないアイテムも多数あるので、ストーリー本編だけでは物足りない人はぜひ挑戦してみましょう。

ダンジョンの場所と解放条件

ソウル・オブ・カオスの4つのダンジョンは下記の場所にあります。

ダンジョン名 階数 場所 解放条件
大地のめぐみのほこら 5 コーネリア北西 アースの洞窟でリッチを倒す
燃えさかる火の大穴 10 ドラゴンの洞窟近く グルグ火山でマリリスを倒す
いやしの水の洞窟 20 メルモンド東の海上 海底神殿でクラーケンを倒す
風のささやく洞穴 40 氷の洞窟北東 浮遊城でティアマットを倒す

解放条件を満たしていなくても入ることはできますが、最初のフロアより先へ進むことはできません。

ダンジョン内でのルール

ソウル・オブ・カオスのダンジョンでは、以下の点がストーリー本編と大きく異なります。

  • 「テレポ」「ダテレポ」「非常口」は使えない。
  • 固定マップを除き、マップと宝箱の配置・中身がランダムに決まる。
  • 全滅してもゲームオーバーにならず、ダンジョンの入り口で復活する(HPは1)。

ランダムマップと固定マップ

ランダムマップ

ダンジョン内のメインとなるマップで、そのダンジョンに用意されたマップの中からランダムで1つが選ばれます。また、宝箱もランダムで配置されます。一度入手した宝箱でも、再びダンジョンに挑戦すれば何回でも入手することができます。宝箱の中身については、フロアごとにいくつかの候補があり、その中からランダムで選ばれる仕組みです。

固定マップ

ボスがいるフロアは、毎回必ず同じ階層・同じマップとなります。宝箱の位置も固定で、一度入手した宝箱は二度と入手できません。ボスは再びダンジョンへ入った時に復活しているため、同じボスと何回でも戦うことができます。

ゲームオーバーにならない

ストーリー本編や時の迷宮では全滅するとゲームオーバーになり、タイトル画面に戻りますが、ソウル・オブ・カオスでは全滅してもゲームオーバーにならず、HP1でダンジョンの入り口に戻ります。その際、特にペナルティはなく、ダンジョン内で得た経験値やアイテム等もすべて保持されるので、レベル不足のパーティでも気軽に挑戦することができます。